MOSHSOUND Official Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

BELDEN5120FJ その他のレビュー

いつもお世話になっております、神奈川県のT様から詳細なレビューをいただきました。
いつもありがとうございます。

BELDEN5120FJやBELDEN83352E等のレビューになります。

~ここから~
まず、今回、BELDEN 5120FJ RCA-RCAを入手に当たり
当パソコンにも新しくオーディオボードを1枚追加しました。

ONKYO SE-300PCIE R2 を追加しました。
ONKYO SE-200PCI Ltd と2枚所有する形になりました。

以下レビューになります

【構成】

PC OS Windows 7
オーディオボード ONKYO SE-300PCIE R2
|
|---[BELDEN 5120FJ RCA-RCA]
|
真空管ヘッドフォンアンプ
12AT7
|
|---[BELDEN83335E miniXLR<--->TRS]
|
ヘッドフォン AKG Q701

再生ソフト MediaMonkey

【レビュー】

今回、BELDEN 5120FJ RCA-RCAの購入に合わせて
オーディオボードをグレードアップ。
また、オーディオ再生ソフトをWinampから
MediaMonkeyへ変更しました。

以前から、色々聞き比べをした結果。
WinampのASIO再生よりも、MediaMonkeyのWASAPIの方が
音が段違いに良いことに気づいたので、こちらに変更
Fooberなんかも使ってみましたが、やはりMediaMonkeyより
いい音が出るソフトが今のところ無い感じです。

さて、今まではBELDEN 83352E RCA-RCAを
使っていたわけですが、単線にしてみてまず、単線の特徴通り
スピード感がまず、全然変わりました、そして、全体的にクリア。

凄く澄み切ったクリアな音とスピード感はリアリティが充実して
そのソースが持つ特徴をそのままに引き出してくれる感じがします。

逆に言うと、雑な曲はリアルに雑に聞こえる印象。

BELDEN 5120FJの線の太さもあるんでしょうが、兎に角低域も
とっても力強くて良いです。どうしても低域が強く出ると
音がもっさりするイメージがあるのですが、単線だと全然
もっさりしない感じですね。適度に引き締まって、ポンポン音が
出る様には圧巻です。

現状Q701ではminiXLR端子のためアンプ~ヘッドフォン間が
BELDEN83335Eしか試せないので、試しにSONYのMDR-1Rも聞いてみました。

こちらは
BELDEN5320FJ 3.5mini-TRS 1.5m
BELDEN 83322E 3.5min-TRS 2.0m
BELDEN 88760 3.5mini-TRS 2.5m

の3種類を所有していますので、5320と83322Eで比べてみました。
そこで、気づいたのが、オーディオシステムの上流側は
縒り線より単線を採用する方が良いのかな?と思いました。

理由は、やはり全域にわたってスピード感のある伝達の
単線は素のままに音を届ける力があるように感じました。

この上流に縒り線を入れてしまうと
やはり全体的に音が縒り線特有の味付けに
なってしまうので下流に単線を採用した場合に
単線の特徴が半減していることに気がつきました。

SONYのヘッドフォンで上流 5120F、下流 5320FJだと
非常に単線の特徴のスピード感が満点で、また音が非常にクリアで
びっくりするくらい硬派な音を聞かせてくれます。

一方で、上流に5120F、下流に83322Eをつなぐと、
やはり縒り線特有の繊細で全体的に少し丸みを帯びた優しい
鳴り方が堪能できました。

しかし。上流 83322E、下流 5320FJにしたときにもちろん、
縒り線同士のシステムよりはスピード感は向上してクリアな
感じもありますが、上流に単線を採用したときと比べるとやはり、
全体的に音が柔らかくスピード感も半減しているように感じました。

結果、上流側は極力素のままにクリアに伝達できる単線を活かし
下流側で自分の音の好みに合わせたケーブルをチョイスすると
良いのかな?と感じました。

もちろん、ヘッドフォンなどを使わないシステムの場合
そもそもケーブルがRCA-RCA一本くらいしか使わない場合は
ここで、単線や縒り線の選択をして性格を決めれば良いのでしょうが

システム構成的に複数のケーブルをまたぐ場合は
上流は単線が自分にはベストマッチな気がしました。

さて、そして、肝心の5120Fですが...

非常に恐ろしいケーブルですね!
これは買っておいて本当に正解でした。

太さから来る低域のボリューム感によって低域側の補正は
いらないですね。そして全体的にクリアですし、高音域まで
綺麗に再生しますから、もはやEQ等はいらないでしょう。

もともと、僕の持論でどうしてもEQ等を使用すると音が
濁る気がします。いろんなソフトで試しましたが
やはり、EQ等は使わない方が音の組成が崩れなくて好印象。

寧ろ、音を調整したければ真空管を変更したり
ケーブルを変更したり、ソフトではなく。
ハード面で味付けする方が好きです。

5120Fを上流にいれたことで、Q701は更に音が良くなりました。

オープン型ながら、低域の不足も感じることなく
引き締まった鳴り方は非常に小気味良く、活き活きした音が
心をわくわくさせてくれます。

ROCKなら歪んだ綺麗なギターの音色を聞かせてくれるし。
デジタルソースなら、非常にクリアな高音域や分厚い低音が鳴り響き
オーケストラなど弦楽器のような柔らかい楽器でも
とても奥行きのあるアナログ的な分厚い音が鳴ります。

兎に角リアルの一言につきますね。

音の分離が良いので、いろんな音が混じったソースでも
個々の音がしっかり判別できますね。

ピアノなどでは鍵盤をたたく音も綺麗に聞こえ。
ギターなどでは弦を指がはじく音も聞こえます。
ボーカルはかすれ声が非常にハスキーでぞくぞくします。
効果音などは凄くサラウンド的な鳴り方をするし。

ライブ音楽ではそのソースが持つ音場を綺麗に再現してくれます。

定位がそもそもしっかりしているのでブレがなく。
とても良いです。

兎に角、素晴らしいケーブルです。
値段を考えてもコスパは文句なしですね。

こうなってくるとQ701にも単線を採用してみたくなりました。
単線のminiXLR-TRSが本当に欲しいです。

でも、どうせ、採用するなら、出来るだけ、線の太い単線が
試したいですね。 やはり14SOLIDが使えたら凄く良いのになぁと
思います。そのうち、14SOLIDのような太くて固めのケーブルでも
miniXLR-TRSが可能になりそうな時が来たら是非、制作お願いします。

それでは、かなりの長文になりましたが。
とにかく、素晴らしい音楽ライフが毎日送れるようになりました。

moshsoundさんにはホント感謝です。
今後もお世話になりますので是非よろしくお願いします。

それから、最後に余談ですが、格安自作キットで作ったPCでは
PC本体の電源も要注意ですね。

2SLOT幅を使用するごっついグラフィクボードを採用してましたが
実は、私のパソコンのオーディオ環境の音楽再生が安定しないのは
こいつが悪さしていたようで。
こいつを外したら常に安定して音楽を再生してくれるようになりました。

これは、本当に音質が全然変わるので、
やはりPC電源の容量ですかねぇ・・・

オーディオボードへの安定した電力供給は大切かもしれません。



非常に参考になるかと思います。
特にBELDEN83352Eは残り僅かとなっておりますので、お早めにご検討下さいませ。
スポンサーサイト
  1. 2014/09/05(金) 00:48:43|
  2. 商品レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伝説のあのケーブルが復活します!

いやーーー、BLOG、完全放置状態でした…。
製作の方が非常に忙しく、、、と言い訳はさておき、、、

「このケーブルは伝説になるかもしれませんね」
とあるユーザー様にこう言っていただいたことがあります。

「○○十万円するようなケーブルが足元にも及びませんね」
とあるユーザー様にこう言っていただいたことがあります。

そう、その伝説の単線ケーブルが復活いたします!!!
5120-kozo.jpg

何年もの間、アメリカ本国でも品切れ状態だったんですが、やっと1スプールだけ見つける事が出来ました!
今頃海を渡っている頃でしょうか…。

既に予約が殺到しており、3分の1程が発売前にも関わらず売れてしまっております。。。

恐らく販売から3カ月程度しか無いかもしれません…。

私も何十種類もケーブルを販売してきましたが、このケーブルは間違いなく3本の指に入ります。
本当に素晴らしいケーブルですので、、、、
是非機会があればおためし下さいませ!

え??
何のケーブルか??ですって??

それは、、、、是非サイトから見つけ出して下さいませ♪♪


  1. 2014/06/26(木) 22:49:18|
  2. 新商品情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

3月だけの限定販売!MILスペック 切売!

ここ最近、MILスペックのケーブルをSPケーブルに使用される方が多く、
切売りで販売していただけないか?という問い合わせを多くいただきます。

基本的に貴重な線材ばかりと取り扱ってますので切り売りはしないのですが、
3月だけの限定で、以下のMILスペック3種類を切売り販売いたします。


まずは、スピーカーケーブルとしての使用が大変好評をいただいております
ポリイミドシースのMILスペックケーブル m辺り ¥1,800円
poly-shisu.jpg
poly-kozo.jpg

この細い線材から、こんな存在感のある音が?と不思議に思われるほど素晴らしいケーブルです。
以下、こちらの線材をスピーカーケーブルで使用していただいておりますユーザー様のレビューを記載いたします。
参考にしてみて下さい。

和歌山県在住のI様

CDP 京セラDA-9cx
ターンテーブル MICRO DD-8 (カートリッジはSHURE V15VxMR)
アンプ     audio analogue PUCCINI SETTANTA
スピーカー   TANNOY EATON
交換前のスピーカーケーブルは ナノテックのGolden Strada #79 です。

まずは皮剥きした裸線にて接続し聴きました。
『一聴して、、、』とよくある話ではありますが、びっくりしました。
予想としては、いくら良い構成のケーブルだとしても線径からして
そんなに低音は得意ではないだろうと思っていました。
別にモンスターケーブルの太い物も所有しているのですが
きっと、それとセットし高音側を補う物になるかなあと思っていたの
が、、、

もう、モンスターケーブルは不要になってしまいました。
いただいたケーブルだけで、不思議なくらい低域まで聴かせてくれるのです。
不思議です。
あの線径のどこから、あれほどまでしっかりした低音がでてくるのか。
それも力強さまでそなわった、聴きやすい低音。
プラス、予想通りではありますが、良質の銀メッキがなされているのでしょう、
奇麗に澄んだ高域も出ているのです。
一体、このケーブルは軍事の何処へ利用しているのでしょうか。
もっとオーディオの世界で、認知度があってしかるべきなケーブルですね。

それから、一応端部の酸化防止にと思い、ハンダメッキもしてみました。
銀入りハンダを使用しましたが、ハンダの質のせいか、少し曇った感じになりました。
それはケーブルのせいでは無く、もちろんハンダ自身のクセだと思いま
すがそこでも驚いたのは、そのハンダの特性までこのケーブルは感じさせる
くらいメリハリがあるのです。
ハンダはめんどくさかったですが、あっさり切り落としました。
裸線だと鮮度が高いばかりで、耳障りな痛さを感じると言われるか方も
おられますがこのケーブルはそんな方にも聴いて欲しいですね。
確かに裸線の方がこのケーブルも鮮度感は抜群ですが、鮮度感だけでやはり高音域の痛さ?
が、実は全然感じられないのです。
きっとJAZZ好きな人には喜ばれるケーブルになると思います。
鮮度抜群で高域も伸び、タイトになりすぎない十分なメリハリある低音
僕はどちらかと言えばクラシック好きなのですが
指揮者の吐息が聞こえそなくらいの鮮度感、力強さに十二分な結果を感じ
購入させてもらったことをうれしく思います。



もう1件記載させていただきます。

千葉県在住のK様

【使用環境】(オーディオリスナーの方は使用環境や接続環境等)
スピーカー  :ONKYO Scepter1001
プリアンプ  :DENON PRA‐2000 
パワーアンプ :ONKYO M-509
CDプレーヤー:TEAC VRDS‐25XS
ターンテーブル :KENWOOD KP‐1100
(カートリッジ:AUDIO TECHNICA AT33PTG、DENON DL‐103LC/2 他)

・ACケーブル
CDプレーヤー:自作(AET SCR)
プリアンプ:自作(AET SCR)
パワーアンプ:********

・ラインケーブル
CDプレーヤー、プリアンプ間:BELDEN 83322E
プリアンプ、パワーアンプ間:CARDAS CROSSLINKSP1S (オーディオショップ制作)
・スピーカーケーブル:Belden9497

5年位前まで電線病でケーブルは色々使用しています。
SPケーブルだけでも
PAD:MIZUNOSEI
QED:Genesis
KIMBER KABLE:8TC
AET:SCR
JPS Labs:SUPER BLUE2

ある時仮に接続したBelden9497の音を聴きこれで十分なのでは??・・・
と感じそれ以来ケーブルは変更していませんでした。

今回は9497に大きな不満があった訳ではなかったのですが、
気分転換がしたくて2000円/m位以内の物を探していました。

【商品に対してのレビュー】
送られてきて最初に見た時には予想以上にケーブル細くて、
本当に大丈夫かな?
と少し心配になりました。
ただ細いけど作りは大変シッカリしていて銀メッキの質もよさそうに感じました。

肝心の音に関してですが、これは「素晴らしい!!」の一言で済ましてしまいたい位の物でした。
一音一音が大変滑らかでスムーズそして綺麗にのびてきます。
解像度が相当高いのでしょうがそれを感じさせない自然な音です。
臨場感があり音楽を聴くのが楽しくなる感じです。
それでいて一音一音がシッカリと力強く出てきます。
レスポンスも素晴らしいです。
低、中、高音のバランスが良いです。
私はクラシックが中心なのですが、
どんなジャンルの音楽にも対応できる音だと思います。

良いことばかり書いていても面白くないと思い、
少しだけ粗捜しをしてみました。
オーケストラで言うと弦楽器、打楽器に関しては文句のつけようがありません。
弦楽器の質感を上手く表現し臨場感もあります。
打楽器もタイトでいて力強くスピード感があります。
管楽器に関しては特に木管楽器が少し引っこんで聴こえる事があります。
(9497よりは遥かに素晴らしいですが・・・)
好みの問題だと思いますが
私の場合は管楽器がもう少し強調して聴こえるとより好みだと感じました。
ただ普通に聴いている分には全く問題ないレベルです。

今回は9497からの買い替えでしたが
もっと高額なケーブルからの買い替えでも
同じような感想になったと予想できます。

当分はSPケーブルの事は考えないで済みそうな位素晴らしいケーブルだと感じました。





次の商品は
14MIL SNAKE m辺り ¥5,000円
milamirca-sisu.jpg
milami-kozo.jpg

MILスペックとしては異例の太さ、14AWGの線材となります。
シースが無く芯線のみのため、非常にオープンな出音で更にレンジが広くパワーもあります。
低域~高域までしっかりくっきり出したい方にお勧めしたいです。

こちらも1件だけですが、レビューをいただいておりますので紹介させていただきます。

広島県のN様

14MIL SNAKE届きました。
今回は特別に切売りで譲っていただき、非常に感謝しております。

これはでも、本当に凄いですね!
繋いだ瞬かに出てくる音が明らかに違います。
今までは某ケーブルショップのMILを使ってたんですが、すぐにこちらに入れ替えました。

音の反応、立ちあがりの早さが素晴らしく、特に弦モノ(私はクラシックをよく聞きます)は超絶リアルです。
1つずつの音がイイ意味で分離して、演奏者の立ち位置が分かるようなイメージがあります。

この度は本当に素晴らしい線材をありがとうございました!
大事に使わせていただきます!




最後は
BELDEN83322E m辺り¥2,800円
83322-shisu.jpg
83322-kozo.jpg

こちらに関しては説明不要の最高のケーブルです!
出音が太く、シルキーで温かみのある音が好みの方には是非試していただきたい線材でございます!

こちらのケーブルもレビューをいただいております。

東京都のY様

物凄いケーブルです。

ワイド感が凄まじく、非常にクオリティーの高い音が立体的に聴こえてきます。
また商品説明通り、芳醇でシルキーな音色で、聞き疲れがしないです。
今回は本当に素晴らしい商品をありがとうございました。


短いレビューですが、レビューを粉飾するわけにはいきませんので、そのまま記載させていただきます。



こちらの3種類のMILスペックケーブルの切売り!
ブログをご覧になって下さった方のみの限定販売です。
WEBでは販売いたしません。
また3月のみの販売とさせていただきます。
3月以降は切売り販売いたしません。

ので、気になった方、お早めにご検討下さいませ!

  1. 2014/03/04(火) 02:33:56|
  2. 限定セール品!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BELDEN 83322E RCA-RCA あと少しです(お客様レビューあり)

限定10セットの「BELDEN 83322E」のRCA-RCA(完成品)が、残り5セットになりました。

こちらのケーブルもBELDEN MILスペックらしい非常に素晴らしいケーブルでして、
音の太さや量感、レンジの広さ、そして暖かい音色がお好みの方でしたら是非試していただきたいケーブルです。

先日、BELDEN83322E RCA-RCAを購入して下さった東京都在住のK様がレビューを送ってくれました。
K様、本当にありがとうございました!


先日83322Eを買いましたKです。
すばらしいケーブルですね。ケーブル1本で問題解決しました。
CDに入ってる音がそのまま全部出てるような、、、ただただ音楽に引き込まれます。
これ以上のケーブルは無いかも知れませんね。 
nvs fdと、chord cadenzaを使ってきましたが、不要になりました。
chordは低音の底まで高解像度ですが、量感が多く、肥大して聞けない曲がありました。
nvsはエネルギッシュでよいのですが、解像度はchordより劣り、ややこもります。
すべての面で83322Eがつきぬけています。
因みに機材は、
denon1650se電けーsaec ac5000+furutech f1-11r
luxman l-550ax アコリバ パワースタンダード
jbl 4429 でゾノトーン4400+ロジウムyラグアンプ側シングル、スピーカー側バイにしてます。



ちなみに完成品じゃない「BELDEN83322E」はまだ多少線材の在庫に余裕がありますので、
気になる方は是非ご検討下さいませ!!!

83322rca-2.jpg





  1. 2014/03/01(土) 01:03:25|
  2. BELDEN 83322E
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BELDEN 83352E 売れてます!(お客様レビューあり)

昨年末に奇跡的に入手出来た「BELDEN 83352E」

販売から約2カ月が経ちましたが、非常に売れております。
やはり、何と言っても16AWGの4芯スターカッド構造からくる圧倒的なパワー感!
低域から高域まで非常にパワフルです!
83352kozo.jpg

1つ問題があるとすれば。。。。。。

売れ行きが好調過ぎて、既に在庫状況がやばいことにw
何年も夢見ていた線材がこうもいとも簡単に無くなるとは。。。
嬉しいやら寂しいやら複雑な心境でございます。

自分用に数m取っておきたいところですが、それも微妙かなぁ…。


以下、先日こちらのケーブルを購入して下さった
福岡県のY様から貴重なレビューをいただきましたので、掲載させていただきます。
Y様、ありがとうございました!!

BELDEN 83352E RCA-RCA今日届きました。

早速ONKIYOのC-733~A-933C間を、
BELDEN 89418から、『83352E』に付け替えました。
見た目、表面の太さが89418や83351Eと変わらないので、どれだけの音の差がでるだろう?
と思いましたが!!!!!!!!!

まだエイジングも何も1発目の音で何もかもが違う、明確に違うのに驚きました。
音像というか、音楽がここまで「ビジュアル」として存在する事になるとは思いもしませんでした。

今までケーブル替えてすぐは音が引っ込んでいて、エイジングして引き出してから、
(音色の違いは分るのですが)何度か比較して、ここがこう違うな~という感じで、
まあ、その感じの微細ではある違いが、音楽聴く上では非常に大切だったのですが・・・・
今回は考えられないくらい、ケーブル交換でなく、アンプ替えたとか、スピーカー替えたとか、そんなレベルでした。

うちの、ONKIYOのC-733~A-933Cでは、今までBELDEN 89418が中高音~重低音まで、
確り出て、これ以上は無いのだろうと思いつつ・・・まだどうにかなるのではと、思ってました。
83351Eでも89418には、特に低音が及ばなかったし(うちの場合)。
今回は、89418より低音がドンと前に出て、中音、高音が太いので細かいニュアンスまで見れる。
音が全部出たらこうなる!みたいです。

今までRCA&スピーカー・ケーブルを付属からBELDEN に替える事で
16cmスピーカーが30cm以上に感じていたのですが・・・

今回はスピーカーの多くさどうので無く、
「楽器の大きさと演奏位置+その距離と空気の存在」になってしまいました。

D-302Eというスピーカーの潜在能力出し切った・・・・
あれ、まだエイジング全くできていないのに!!!
これから先どうなるんでしょう?

現段階で予想出来なかった満足感でいっぱいです。
本当に注文して良かったです。
「どうもありがとうございました。」



83352rca-2.jpg

83352xlr-2.jpg


  1. 2014/02/28(金) 02:17:58|
  2. BELDEN 83352E
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。